English site is here →with Camper English site

2015/08/25

ぶつけられた話その1

事故のはなしです。
備忘録としてまとめておきたいとおもいます。

ーーーーーーーーーー

とあるレストランへ行き、いつものように車をとめました。
そこは駐車場も広く車のスペースも1台分ずつが広い駐車場でした。
もちろんくろさんは白線の中にきちんととめました。

レストランで食事を終え会計をしていると

「お客様の車のナンバーは○○ー○○ですか?」
「ええ」
「申し訳ありません。他のお客様がお客様の車をぶつけてしまわれて。。。」
「ええー!!」

とりあえずくろさんがお店の人と現場へ向かいます。
お店の外にでてみると、

ミディちゃんはとめた位置と変わらないところにとまっていますが、
不自然な位置に別の車がいます。

その車の後ろ部分は奇妙にへこんでいます。ハザードランプが悪魔のように見えたのは私だけ?

ミディちゃんに近づくと、うわ、、、、

へっこんでるよ!
あらら、バンパーははげてるし、、、、。
これってぶつけられた、だよね。。。


くろさんは冷静に相手の人とお話してます。
お店の人にも立ち会ってもらい警察をよんで事故処理です。

まあ当て逃げされなかったのが不幸中の幸いです。
ですが、かなりすいていた駐車場でなぜにぶつかっちゃったのでしょう?

謎です。。


くろさんの後ろ姿は怒りのオーラまみれです。
でもそこは紳士なくろさん。対応はにこやかです。

どうやら相手方はミディちゃんがとまっているとはおもわす、下がって方向転換を試みたら
ドカン、、、、のもようです。


相手方と住所等必要事項を交換し、とりあえず自走で帰ることが出来たのでその日は家に帰りました。

助手席のドアがゆがんで開けるとバキッと変な音がします。

保険で処理することとなりましたが。。。

この事故が起きたのが日曜日。
間の悪いことにその週末はサイクリングイベントを控えていました。

しかもさらに3年に一度の芸術祭とかさなるため現地の宿はとっくに満室。
ミディちゃんで行く予定だったのでまったく宿の心配はせずキャンプ場でいいとおもっていました。

さあ大変。

代車はキャンピングカーを手配しますよ!探しますよ!

と相手の保険会社さん。

この夏休みの時期にキャンピングカーの空きなどあるのかしら?

疑い深いみどりでした。。。

その2に続きます。 このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント :

コメントを投稿