English site is here →with Camper English site

2015/12/31

小田原温泉 八里

有名かまぼこ店のそばにひっそりあります


神奈川県小田原市風祭。
ここはかまぼこで有名な鈴廣があります。
休みの日には結構賑わっています。

その鈴廣の隣にあるひっそりした温泉が小田原温泉 八里です。


旅館のような入り口を入り靴を脱いでスリッパに履き替え入浴料を払います。
はじめてのお客はここで温泉の入り方を講釈してくれます。

廊下を進むと待合所があり女湯と男湯があります。

中は昔の共同浴場や銭湯のようです。

かごが入った棚、反対側に洗面台と体重計があります。
ドライヤーはフロントで100円で貸し出ししてるそうです。

こじんまりとしていて湯気でまえがみえません。。


浴室に入るともわっと湯気がたちこめています。
シャワー付のカランは2つ。向かい側にはシャワー無しが3つあります。

浴槽はこじんまりしています。4、5人入るといっぱいという感じです。

行ったときはすいていたのでよかったです。

泉質はアルカリ性単純温泉(アルカリ性・低張性・低温泉)です。
飲泉もできるので注ぎ口にコップがおいてありました。
無味無臭で飲みやすかったです。

ヌルットした感じはなく湯加減はちょうどよかったです。
ただ窓は開けてはいけないそうで湯気がモウモウとしています。
湿気の高い環境は苦手なので 思ったより長湯はできませんでした。

サプライズなサービス


帰ろうとしたときになにか靴の中に入っています。
あめ玉のサービスです。ビックリしました。
気にせずに靴を履いていたら。。。。

出たあとの肌はスベスベ感がしばらく続きました。

小田原周辺では格安の500円で温泉を楽しみました。



今年もたくさんの訪問&コメントありがとうございます。
よいお年をお迎えください。

小田原温泉八里のデータ


小田原温泉 八里

住所 小田原市風祭64
電話 0465-24-5131
営業時間 10:00~18:00 
定休日 水曜
料金 入浴のみ500円(1時間)
        休憩室利用1500円

★ゆこゆこ厳選!お客様満足度80点以上の人気宿をピックアップ★
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/11/27

車検

はじめての車検


車検、終わりました。

はじめての車検でドキドキでしたが、ブレーキオイルを交換しただけですみました。

時間もそれほどかからず朝イチでお願いして午後イチには終わっていました。
その間は車をお借りして山梨のダムカードをゲットしにドライブ。

シェル部分も問題なくお値段も思っていたよりもお安くすみました。ほっ。
安心して旅にでれます。

仲間を発見!


もうすぐ納車されるMIDIPOPBEEもみれました。

ミニポップには何度か道ですれ違いましたが、ミディポップとはまだあったことがありません。これでまた1台ふえたので逢う確率がちょっぴりあがりました。
オーナーさんのもとで大活躍してくれるでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/11/21

関東キャンピングカーフェスタ(KANTO CAMPINGCAR FESTA)にいってきました

モリパークアウトビレッジで初開催


東京昭島市にあるモリパークアウトドアヴィレッジで開催されている関東キャンピングカーフェスタにいってきました。


会場入口ではバルーンアートをやっていました。

会場は屋内と屋外の2ヶ所あります。

屋内にはミニポップビー25周年アニバーサリーモデルがありました。


写真でみるより実際の色はとてもよかったです。(この写真もよさが伝わってないかも、、、。)
とてもシックなのですがかわいいのです。

室内も特別仕様です。マットレスも座らせてもらった所しっかりしていました。



マットレスがへたってきたらこれに変えてもらおうと密かにメモメモ。

屋外はアンセイエをはじめとしたキャブコン、バンコン、トレーラーが所せましとならんでいます。



くろさんが気になった車、
西尾張自動車販売の車、三菱デリカ D:POP。


運転席や助手席が回転するのはいいですね。


回転も難しくなくパチンとまわすだけでした。
なかも広くゆっくり寝れそうでした。

屋外ではトレーラーの牽引試乗も行われていました。
ただぐるっと走るだけでなくバックしたりしていたので
トレーラーに興味がある方は必見です。

ミディポップビーを買う前なら絶対体験していたでしょう。

キャンピングカーの試乗もできるそうです。

見終わった後はアウトドアビレッジでアウトドア製品をみながら冬のお出掛けを妄想して楽しみました。


関東キャンピングカーフェスタは明日もやっています。
お近くのかたはいってみてはいかがでしょうか。 このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/11/10

39時間北海道旅行記4「苫小牧から新潟へ新日本海フェリーあざれあに初乗船」

新日本海フェリーあざれあに初乗船


39時間北海道旅行記4「苫小牧から新潟へ新日本海フェリーあざれあに初乗船」
です。

前回までの旅行記は↓
39時間北海道旅行記3「道の駅を巡り苫小牧へ」はこちら
39時間北海道旅行記2「夕張、札幌、小樽を満喫」はこちら
39時間北海道旅行記1「新日本海フェリーらいらっくで北海道へ」はこちら

いつもは小樽からフェリーでしたが、この日は苫小牧から新潟に行きます。
途中秋田による便です。

あざれは1994年に就航した船で20554トン、旅客定員926名、車両搭載数トラック186台、乗用車80台の船です。
 

19時半に出航して秋田に寄港し、15時半に新潟港につきます。

エントランスは広く椅子がおいてあります。
売店は乗船口のすぐそばにあり広く、お酒もビール、ワイン、日本酒といろいろあります。

大浴場


乗船するとすぐに大浴場が使えます。
 
みなさんお風呂に向かわれていて混んでいそうでした。
乗船した日は22時まで使えます。翌日も朝から14時まで営業しています。

夜遅くや昼間は混んでいなくてゆっくり入ることが出来ました。
中は思っていたよりも広く、からんもライラックに比べて沢山あるようにおもえました。

船内を散策


大浴場の隣にはサウナルーム(水着着用)と季節限定のジャグジー、卓球コーナーもありました。


プロムナードです。 
この後すぐに人でいっぱいになりみなさんご飯を食べたり一杯やったりしてくつろいでいました。

カフェテリアやグリルはこの季節は営業していなかったです。
カフェテリアです。かなり広く小さいながらも舞台もあります

レストランは出航後すぐのディナータイム(19時半から21時)、モーニング(6時45分から9時)、ランチタイム(12時から13時)に営業しています。

ステートBの和室に泊まります


今回はステートBの和室です。

すでに布団が置かれていました。
たたみなので足を伸ばしてくつろげます。寝相が多少悪くても大丈夫なくらい広いです。
夕食はスーパーのお寿司と日本酒で乾杯です。

行きが酷く揺れたので揺れを心配していましたが、ぜんぜん同じ海なのかと思うくらいゆれませんでした。

これならば夕食をもっと買ってくるべきだったとちょっと後悔しました。

のんびりゆっくり船旅を楽しみます


ぐっすり寝て次の日。
爽やかな光で起きます。窓を見てみると陸地が見えます。
秋田に7時45分に着き、1時間ほどとまります。
秋田港です

秋田に着いたときには少し小雨が降っていました。

この日は残念ながら姉妹船といきかうことはなくそのまま秋田港に入港です。

秋田を出航すると雨もおさまり晴れてきました。
揺れは行きのひどい揺れがうそのようでおだやかです。
天候によって随分かわるのですね。

夏ではないのでビンゴはありませんでしたが、ビデオシアターで映画は上映されていました。
 

船内でのんびりすごしランチタイムになったのでレストランへ。
くろさんはラーメンセット、私は新潟名物たれカツ丼をのんびりいただきました。
 
ラーメンセットのミニ丼とたれカツ丼を並べてパチリ

ご飯を食べると船旅もあと少し。
15時には放送が入り個室の鍵をかえします。
準備をして放送が入ったら車へ移動します。
電源を借りなかったのですし詰めの乗用車の中のミディちゃんに乗り込みます。
  

15時半。新潟港に到着です。
そこから関越自動車道で家に帰りました。

39時間北海道旅行記はこれにて終了です。 
短い間でしたが晩秋の北海道らしいものを沢山見ることができた旅でした。
最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の旅の総走行距離 1217.3キロ








このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/11/09

39時間北海道旅行記3「道の駅を巡り苫小牧へ」

道の駅を巡ります


39時間北海道旅行記3「道の駅を巡り苫小牧へ」です。

前回までの旅行記は↓
39時間北海道旅行記2「夕張、札幌、小樽を満喫」はこちら
39時間北海道旅行記1「新日本海フェリーらいらっくで北海道へ」はこちら
朝目覚めるとすっきりと青空が広がっています。
今日の夜には北海道を離れるとおもうとちょっぴり寂しくなります。

今日は小樽からフェリーの着く苫小牧まで道の駅を巡りながら移動です。
まずは国道36号沿いの恵庭市の道の駅花ロード恵庭を目指します

コンサバとリーがあり、広々とした明るい感じの道の駅です。
焼きたてのベーカリーからいいにおいがします。

次は国道337号沿い千歳市にある道の駅サーモンパーク千歳です

2015年8月にリニューアルした道の駅です。こちらも広々しています。
コンビニ、直売所、フードコート、お土産コーナーと設備がとても充実しています。
フードコートは美味しそうなお店がたくさん並んでいました。

隣にはサケのふるさと千歳水族館があり、サケの生態を知ることができます。
館内の入り口前にインディアン水車が展示してあります。
アメリカの水車式漁法にヒントを得た千歳川独特のサケ捕獲機だそうです。 
館内では千歳川内部の様子をみることができるそうです。

すぐそばの千歳川には先ほど展示で見たインディアン水車が実際に動いて、サケ漁をしていました。

サケ漁を間近見ることができ、サケがぴちぴちはねているのが
よく見えました。

たくさんの鮭を見た後は苫小牧市に移動します。
最後は国道36号線沿いの道の駅ウトナイ湖です。

休憩コーナーは広くウトナイ湖を一望できます。冬でも暖かいところから湖の様子が見られるのはとてもいいですね


湖のほとりにでることもできます。
対岸には白鳥のむれがいましたが、
白鳥が2羽群れから離れてお出迎えしてくれました。
人になれているのか随分とちかくまできてくれました。


道の駅ウトナイ湖を後にして買い物の前に港へ向かいます。

新日本海フェリーはどこ?


ところが。
港についてみると商船三井フェリーと太平洋フェリーがとまっているではありませんか。

あれ、どうやら間違えたようです。

そう新日本海フェリーは苫小牧東港からでます。
私達がいったのは苫小牧西港。

せっかくなので苫小牧西港を見学しました。
名古屋〜苫小牧間の太平洋フェリー、いつかはのってみたいです。

夕食の買い物をしてこんどこそ間違えずに苫小牧東港へ。
辺りはさっきとは違い真っ暗です。
車もトラックが前に1台だけでナビがなければ不安になりそうです

港に着くと乗船する乗用車がとまっていてほっとします。

新潟行きの列に並びます。
いつものようにくろさんは車でみどりは乗船口から乗船します。
団体さんがいましたがお土産をかっていたのですんなり乗船できました。

19時30分、出航です。

次回は苫小牧から新潟へあざれあに初乗船です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/11/06

39時間北海道旅行記2「夕張、札幌、小樽を満喫」

 39時間北海道旅行記2「夕張、札幌、小樽を満喫」です。

前回の39時間北海道旅行記1「新日本海フェリーらいらっくで北海道へ」はこちら

いざ夕張へ


朝4時半に小樽に到着しました。
真っ暗な小樽を後にして夕張をめざします。

目的地は2015年に完成した夕張シューパロダムです。
夕張の町を過ぎた山の中にある大きなダムは日本第2位の湛水面積
だそうです。

紅葉は終わりに近づいていましたが静かなダムの朝をみることができました。

次に向かったのは石炭博物館。

大きな駐車場といくつか閉鎖された施設があり昔はもっと賑わっていたようです。
JAF割がきいてお得に入場できました。

まずはアンモナイトなどの化石と石炭の出来る様子が展示されてい
ます。
次にたくさんの炭鉱の様子の写真と炭鉱にまつわる用具がたくさん展示されています。

館内は閑散としていてじっくり見ることが出来ました。

展示施設内は暑いくらいでしたが、実際の炭鉱の様子を体験できる真っ暗体験のコーナーは実際に使用した炭鉱の中なのでひんやりしていました。

ヘルメットをかぶり中に入ります。

実際使った機械を展示してありものによっては動くので人形達がとてもリアルに見えました。

日本の発展を支えた炭鉱の様子がよくわかるとてもいい博物館でした。

博物館をじっくり見た後は道の駅夕張メロードでメロン熊グッズをみてから札幌へ。

札幌でティータイム


銀杏並木は黄色の落ち葉がはらはらとおちていきます。

六花亭の札幌本店喫茶室で3時のおやつです。

前から食べたかったマルセイアイスサンド、秋限定の札幌植物園、ピザをいただきました。

そして小樽へ


その後は本日泊まる小樽へ。
小樽に着く頃には日も暮れて港町は幻想的な感じです。
寒かったですが運河を散策し、小樽ビールで乾杯しました。


次回は「道の駅を巡り苫小牧へ」です。



このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/11/05

39時間北海道旅行記1「新日本海フェリーらいらっくで北海道へ」

晩秋の北海道へGO!


39時間北海道旅行記1「新日本海フェリーらいらっくで北海道へ」です。
晩秋の北海道は2人で行くのは初めてです。

北海道までは新日本海フェリー新潟発小樽行きのらいらっくを利用しました。
10時半発で翌日4時30分につきます。

金曜日仕事が終わった後に荷物を入れ一路新潟へ。
途中雨に降られながら北上し、北陸自動車道黒崎PAで仮眠します。

土曜日の朝、天候は晴れです

今回は電源を借りないので手続きもあっさり終わり乗船を待ちます
いつものようにくろさんは車でみどりは乗船口から乗船です。

 乗船して部屋に行き荷物をおき外にでると、
すぐにくろさんもやってきました。
いつもよりはやく乗れたそうです。

晴れていますが晩秋の日本海は波もややあらいかんじでかなり揺れています。

クーポンを利用してコースランチをいただきます。
旬鉢の蟹とイクラの柿鉢盛りが思ったよりもボリュームがあり美味しかったです。


日本海の荒波にダウン。。。

ランチを食べしばらくしてからお風呂にいきました。

お風呂は波のプールのようでザブンザブンと浴槽の湯がゆれていました。
遊園地のアトラクションのようです。
フォワードサロンや前方の喫煙ルームから外の様子を見ることは出来ません。

揺れはますますひどくなってきます。
ところが乗務員さんにきいたところこの時期にしてはまだ荒い方ではないといっていました。

夕方からはかなり船酔いしてしまいました。
真冬の海は相当覚悟が必要だなあとこの時は思っていました

夕食は食堂で軽くすませ早々寝ることにしました。

今回はビンゴゲームやラリーカードはなくビデオ上映だけでした。

冬の日本海の洗礼を浴びた1日が終りました。


次回は39時間北海道旅行記2「夕張、札幌、小樽を満喫」です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/11/04

30000キロ越しました

いつも訪問ありがとうございます。

11月は車検があります。
はじめてなのでどのくらいになるのか今からドキドキしています。

その前に土日から文化の日の4日間で遠出してきました。
その帰り道。


30000キロを突破しました。
 コンパクトなボディで本当によく走ってくれます。
 これからもあちこち旅に出たいと思っています。

次回からは39時間北海道旅行記を予定しています。 このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/10/27

スタッドレスにかえてガラコ塗りました

富士山も冠雪し朝は涼しいからちょっと寒く感じるこの頃。タイヤをスタッドレスにかえました。


ガラコも2度塗りして撥水性もばっちり。
ミディちゃんは外おきなのでマメに塗ってます。

冬の準備はほぼ終りました。 このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/10/21

冬の準備

日に日に秋が深まっていますね。
皆さんあちこちお出かけされてますか?

ミディちゃんことミディポップビーの内外も冬に向けての準備です。

FFヒーター →先日山梨に行ったときにくろさんが寒さに耐えかねてスイッチオン。
       特に問題もなく動いていたそうです。

ワイパー  →先日ワイパー交換したワイパーは雪も大丈夫。

オイル交換 →先日交換済み。

スタッドレスタイヤ→いつかえるか悩みますが、11月はじめに弾丸ツアーを予定しているので近々変えます。

冬用の毛布とネコ(防寒対策グッズです。いきものではありません)→寒い夜にはこれが必須です。
                               寝袋と一緒にいれました。
カップ麺→寒い日のお昼や夜食用。在庫チェックして補充しました。

秋はあまりでかけられないので冬に向けて色々計画中です。
ミスティックのオーナーさん主催のキャンプも冬にあるようです。予定があうといいなあ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/10/20

かなキャラカード

ダムカードではありません

 
先日宮ヶ瀬ダムに行った時のことです。
宮ヶ瀬ダムと石小屋ダムのカードの他にゆるキャラカードをもらいました。


愛川市の観光キャラクターあいちゃんのカードです。
カワセミのかぶとが特徴的です。

神奈川県の12団体のゆるキャラがダムカードをヒントに作成したそうです。

表にはご当地キャラの写真、裏面には名前、所属団体、住所、誕生日、年齢、性別、性格、趣味、好物、特技、自己紹介こだわりランダムPRがのっています。

、、、ダムカードとほぼ同じです。。。。

各種イベントやゆかりの地で配布されています。
市や町のキャラクターは生息地で配布されているところもありますが、他のキャラでイベント時のみ配布しているようなキャラは入手が難しそうです。


かなキャラカードは全部で2015年9月時点では12種類です。

あゆコロちゃん(厚木市)
かなふぅ(神奈川県 神奈川の食育マスコット)
ウナシー(横浜市戸塚区)
あさひくん(横浜市旭区)
ヤマトン(大和市)
えび〜にゃ(海老名市)
ブタッコリ〜(綾瀬市)
あいちゃん(愛川町)
カナロコ星人(神奈川新聞社)
コーちゃん&エンちゃん(神奈川県公園協会)
シラサギのユウちゃん(神奈川県立境川遊水池公園)
ミーヤくん&あいちゃん(宮ヶ瀬ダム周辺振興財団)

あらら?宮ヶ瀬ダムのミーヤくん&あいちゃんのカードもあるのですね。。。
宮ヶ瀬の別の場所で配布しているらしいのでまた行った時にもらいに行こうと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/10/15

桔梗屋ガチャガチャ

中央高速道路釈迦堂PAで桔梗屋のガチャガチャを見つけました。
桔梗屋本社工場のコンビニにしかないと思っていたのでとてもラッキーです。

Part1とPart2がありそれぞれ4種類全部で8種類のかわいいピンズがあります。

Part1は桔梗信玄餅、桔梗信玄生プリン、信玄桃、桔梗信玄餅大使、
Part2は梗信玄餅生ロールの、桔梗信玄ソフト、桔梗信玄餅ののぼり旗、桔梗信玄餅 初心者


の御合計8種類です。

Part1の方のガチャガチャをまわすと、
桔梗信玄餅大使がでてきました。

かわいいピンズで集めてみたくなります。
山梨に遊びに行くたびに1回ずつやってみるのも楽しそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/10/14

神奈川ダム巡りの旅

神奈川県のダムカードは相模ダム(相模原市)、城山ダム(相模原市)、三保ダム(足柄上郡山北町)、道志ダム(相模原市)、本沢ダム(相模原市)、寒川取水堰(高座郡寒川町)、宮ヶ瀬ダム(相模原市)、石小屋ダム(相模原市)の8カ所で配布されています。(国土交通省、神奈川県HPより)

そのうち山北町にある三保ダムは以前いったので残りの7つのダムカードをもらいにドライブにでかけました。



まずは相模原市にある相模ダムをめざします。
ダムカードは休日は相模湖交流センターで配布しています。

次に道志ダムを目指します。道志ダムカードを手に入れるためにはダムにいった写真が必要です。

朝早かったのでダム周辺は人気がなく写真もスムーズに撮ることが出来ました。ダムの少し先に広くなっている場所があるのでそこに車をとめるといいと思います。


次に本沢ダム。こちらもダムに行った写真が必要です。

途中2輪は通れない路があるのでバイクの方は調べていった方がいいでしょう。
ダムの周辺がハイキングコースになっていて車では入れないため近くの駐車場に車をとめます。しばらく歩くと遊歩道の途中にダムがみえてきます。ちょっとしたハイキング気分になれます。こちらも写真をパチリ。

2つのダムを写真に納めた後に城山ダムへ。ダムカードは休日は津久井湖記念館で配布しています。また津久井湖記念館では先ほどの道志ダム、本沢ダムの写真を見せると城山ダムのダムカードの他に道志ダムと本沢ダムのダムカードがもらえます。

次に宮が瀬ダムを目指します。
宮が瀬ダムに行く路の途中には丹沢あんパンで有名なオギノパンがあります。
休日でもかなり賑わっていました。

宮が瀬湖はかなり広く見所がいろいろあり紅葉の季節やクリスマスイルミネーションの季節は渋滞します。ダムカードを配布している水とエネルギー館の駐車場にとめます。こちらは無料ですが、休日の場合は満車のことが多くで少しまつことになるかもしれません。

宮が瀬ダムではダム建設に使われていたインクラインにのることも出来ます。
宮が瀬ダムの副ダムになる石小屋ダムもこちらでカードを配布しています。

またここでは愛川町の観光キャラクターあいちゃんのカードも手に入れることができます。
これは神奈川のゆるキャラ達のカードです。

他にも厚木市のあゆころちゃんや海老名市のえびーにゃなどのカードがあるそうです。

水とエネルギー館は色々体験できるものがありお子様には楽しい場所です。

最後に寒川取水堰へ。ダムカードは寒川町の水道記念館でカードは配布されています。こちらの水道記念館も子供が楽しく体験しながら水について学べる施設です。小学生ぐらいの子供ならばかなり遊べる内容になっています。

無事に7枚のカードを手に入れルことが出来、神奈川のダムカードを制覇できました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/10/13

道の駅大滝温泉 遊湯館

埼玉県にある道の駅大滝温泉に併設された温泉です。
道の駅スタンプは温泉の入り口においてあります
(温泉を利用しなくてもスタンプを押すことが出来ます。)

温泉はラッキーなことにJAF割引があります。
靴を入れるコインロッカーはお金が返却式ですが、中にある貴重品を入れるロッカーは100円かかります。

入るとすぐに貴重品入れのロッカーがあり奥にはかごが並んでいます。
浴室に入る手前に階段があり下に降りていくと下の階にいけます。そちらは露天風呂があります。
下にも脱衣所があり洗面台があるという2カ所に脱衣所がある不思議な作りになっています。

上の階も外が見えますが下の方が開放感があります。

泉質はナトリウム・塩化物温泉です。
少ししょっぱい感じがしてぬるっとしたかんじがします。

ふろあがりはぽかぽかで湯冷めすることもなくいつまでもほかほかしていました。

道の駅大滝温泉日帰り温泉遊湯館(2015年10月のデータ)

住所 〒369-1901埼玉県秩父市大滝4277-2 
営業時間 4/1~11/30 10時~20時  12/1~3/31 10時~19時
休館日 毎週木曜日(祝日の場合は営業致します)、年末

入浴料 一般(中学生以上) 700円 小学生 400円

★ゆこゆこ厳選!お客様満足度80点以上の人気宿をピックアップ★
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/10/10

三峯神社

秩父の山奥にひっそりとある神社です。
二瀬ダムからこんでいなければ20分ほどでつきます。
駐車場にとめて更に10分ほど歩くと鳥居がみえてきます。(駐車場は有料です)


3つの鳥居からなる三ツ鳥居は他ではみかけない様式です。
狛犬ではなく狼が左右に目を光らせています。

その昔秩父の山中に棲息する狼をを、猪などから農作物を守る眷属とし「お犬さま」として崇めるようになったそうです。

拝殿はきらびやかで普通の神社とはちょっと違うものを感じました。

売店にはグッズ類の他に日本酒やワインを御神酒として売っていました。


温泉や宿泊施設もあります(日帰り入浴もあります。残念ながらこの日は日帰り入浴は営業していませんでした。)

奥の宮はここから山道を1時間ほど歩いたところにあるそうです。
東京で一番高い山雲取山にもこちらからいけます。
 



日曜日なので人がそこそこいましたがざわついた感じがなくぴりりとした空気が流れている不思議な空間でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加